消費者金融ブラック戻る 消費者金融ブラック進む
HOME>

ごあいさつ

消費者金融ブラックのホームページをご覧頂き、ありがとうございます。
ブラックの方でも比較的借りやすい消費者金融の紹介をさせて頂いております。
他で融資を断られた、貸してくれなかった・・・
困っているのに貸してもらえない・・・
そんな方もまだあきらめてはいけません!
そんな方でもお金を貸してくれるかもしれない消費者金融さんがあります!!


キャッシング ライフティ

キャッシング キャッシング
今注目のキャッシングサービス「ライフティ」他社にはない独自の審査基準!最短30分で審査完了!当日13時までのお申込みで当日融資可能!
他社にはない独自の審査基準とポイントサービス!
キャッシングなら【ライフティ】
キャッシング


なせブラックでも借りられるのか?

信用情報はあくまでも融資をするかどうか判断するための目安であり、ブラックだからといってお金を貸してもらえなくなるわけではありません。銀行などではまず融資を受けることはできませんが、消費者金融などでは条件によってはお金を貸してもらえることもあるのです。ですが返済計画はきちんとたてるようにしましょう。


キャッシングAny

キャッシングAny
★1〜99万円までのご融資は15.0%〜20.0%
★100万円以上は5.0%〜15.0%となります。
★パート・アルバイト・自営業の方も可能です。
★主婦の方も一度ご相談して下さい。


消費者金融

■消費者金融(しょうひしゃきんゆう、英: Consumer lending)とは、消費者信用のうち、個人への金銭の貸付け(小口融資)のこと。また、貸金業業者、特に一般の個人に対する無担保での融資事業を中心とする貸金業の業態、貸金業者は、貸金業法(第3条)に基づいて、二以上の都道府県の区域内に営業所又は事務所を設置する場合は内閣総理大臣(財務局)の、一の都道府県の区域内の場合は都道府県知事の登録を受けなければならないそうです。


消費者金融 アロー

消費者金融 アロー 消費者金融 アロー
インターネットで24時間全国どちらからでもお申込み受付中!
≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!
過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査) 消費者金融 アロー


カードローン

■カードローン(Card Loan)とは、銀行及び協同組織金融機関が行う資金の貸付け(ローン)の一つである。銀行又は協同組織金融機関が発行するカードを利用するローンである。カードを利用して予め契約した貸出枠の範囲でCD・ATMを通じて資金を借り入れることができる。ATM・CDについては、金融機関が設置するもののほか、金融機関が提携する金融機関が設置するものを利用することができるそうです。


信用情報

■信用情報(しんようじょうほう)とは、個人の年収や住宅情報、勤務先等の属性情報及び、ローンや公共料金等の支払い情報のこと。

信用情報には、個人の属性情報と、クレジットカードや割賦販売(ショッピングクレジット・携帯電話端末本体の分割払い)および各種ローン(住宅ローン・自動車ローン・教育ローン・キャッシング・カードローンなど)、個人リース(カーリース等)の利用残高と返済履歴が登録されているそうです。


本人開示

■本人開示各信用情報機関の本人開示制度によって可能である。

基本的に各信用情報機関の窓口に出向くか郵送で申し込みの上で返送されるかのどちらかで、開示手数料(500円)がかかり、郵送申込の場合は更に送料として500円を合わせて支払う必要があるそうです。


信用情報機関

■信用情報機関とは個人信用情報の収集及び提供を行う機関である。

割賦販売法では「信用情報の収集並びに割賦販売業者等(割賦販売業者、ローン提携販売業者及び割賦購入あつせん業者)に対する信用情報の提供を業とする者」、貸金業の規制等に関する法律では「資金需要者の借入金返済能力に関する情報の収集及び貸金業者に対する当該情報の提供を行うもの」とそれぞれ規定している。日本では、個人に関する信用情報機関は全国銀行個人信用情報センター、株式会社シー・アイ・シー、株式会社日本信用情報機構がある。また、事業者に関する信用情報機関に株式会社ジェイビックがあるそうです。


借りやすくて返しやすいキャッシング フタバ

消費者金融キャッシング 消費者金融キャッシング
創業50年以上の実績と信頼のキャッシングのフタバ
・来店不要・即日振込みキャッシングです・インターネット申込みで24時間全国受付・お申込みはとっても簡単、お申込みフォームに入力するだけ・過去に自己破産・債務整理等された方もまずはお申込みください ・大手消費者金融やカードローンの審査が通らなかった方もお申込みください・女性スタッフが対応致します


信用情報機関

■信用情報機関とは個人信用情報の収集及び提供を行う機関である。

割賦販売法では「信用情報の収集並びに割賦販売業者等(割賦販売業者、ローン提携販売業者及び割賦購入あつせん業者)に対する信用情報の提供を業とする者」、貸金業の規制等に関する法律では「資金需要者の借入金返済能力に関する情報の収集及び貸金業者に対する当該情報の提供を行うもの」とそれぞれ規定している。日本では、個人に関する信用情報機関は全国銀行個人信用情報センター、株式会社シー・アイ・シー、株式会社日本信用情報機構がある。また、事業者に関する信用情報機関に株式会社ジェイビックがあるそうです。


借りやすくて返しやすいレディースキャッシング フタバ

レディースキャッシング フタバ レディースキャッシング フタバ
・創業50年以上の実績と信頼のレディースキャッシングのレディースフタバ
・女性専用即日振込みキャッシングです・来店不要・主婦・パート・アルバイトの方にもご融資可能です ・インターネット申込みで24時間全国受付・お申込みはとっても簡単、お申込みフォームに入力するだけ ・過去に自己破産・債務整理等された方もまずはお申込みください・大手消費者金融やカードローンの審査が通らなかった方もお申込みください・女性スタッフが対応致します


消費者金融ブラックその他



破産とは、一般的には、財産をすべて失うことをいう。法的には、債務者が経済的に破綻して、弁済期にある債務の総債権者に対して債務を一般的・継続的に弁済することができない状態にあること、またそのような状態にある場合に、裁判所が選任する破産管財人によって債務者の財産を包括的に管理・換価して、総債権者に公平に配分することを目的として行われる法的手続をいうこともある。
破産は、債務者が経済的に破綻して、債権者に対し債務を弁済することができない状態、または、そのような場合に裁判所が選任する破産管財人によって行われる法的手続。債務者本人や債権者などの申立て権者が、裁判所に破産手続開始の申立てを行い、裁判所が当該債務者に破産手続開始の原因があると認める場合には、破産手続開始の決定を行う(。破産手続開始の決定は破産宣告と呼ばれていた。
債務者自身の申立てにより破産手続開始の決定を受ける場合を自己破産、会社役員が自分の会社の破産手続開始の申し立てを行って破産手続開始の決定を受ける場合を準自己破産といい、債権者の申立てにより破産手続開始の決定を受ける場合を債権者破産という。
破産は、破産手続開始の申立てに始まり、破産債権確定手続、破産財団管理手続を経て、破産手続終結の決定、免責」及び復権で終わる一連の法的手続きである。 すなわち、債務者の財産を管理・換価して、債権者に公平に配分することを主たる目的とした手続である。破産事件のほとんどを占める自然人の自己破産においては、同時廃止が行われている。これは、破産手続が、債務者の財産を換価することも、債権者に財産を配分することもなく、ただ債務者が免責を得るための手段として利用されていることを意味する。この実態を反映して、各地の裁判所が作成している定型申立書も、1通で破産及び免責の両者の申立てをなすものになっていることが多く、法律上も、破産の申立てをした場合には、反対の意思を表示しない限り、同時に免責の申立てをしたものとみなされる。
破産法における破産者の免責は、誠実なる破産者に対する特典として、破産手続において、破産財団から弁済出来なかった債務につき特定のものを除いて、破産者の責任を免除するものであって、その制度の目的とするところは、破産終結後において破産債権を以て無限に責任の追及を認めるときは、破産者の経済的再起は甚だしく困難となり、ひいては生活の破綻を招くおそれさえないとはいえないので、誠実な破産者を更生させるために、その障害となる債権者の追求を遮断する必要が存するからである。破産者を更生させ、人間に値する生活を営む権利を保障することも必要であり、さらに、もし免責を認めないとすれば、債務者は概して資産状態の悪化を隠し、最悪の事態にまで持ちこむ結果となって、却って債権者を害する場合が少くないから、免責は債権者にとっても最悪の事態をさける所以である。これらの点から見て、免責の規定は、公共の福祉のため憲法上許された必要かつ合理的な財産権の制限である。

申立て
自己破産を申し立てる際には、申立てと同時に、財産の概況を示すべき書面並びに債権者及び債務者の一覧表を提出することを要する。多くの裁判所で配布されている定型申立書では、申立書のほかに陳述書も作成することになっているが、この陳述書が上記の財産の概況を示すべき書面並びに債権者及び債務者の一覧表である。この陳述書は、免責不許可事由の存否に関する証拠としても用いられる。
多くの裁判所においては、自己破産・同時廃止・免責を申し立てる際に、破産手続の費用を予納するよう要求される。この予納金は主として官報公告の費用に充てられ、具体的な金額は裁判所によって異なる。また、これとは別に、破産及び免責の各申立ての手数料として合計1,500円の収入印紙を申立書に貼り、郵便物の料金に充てるための費用として、裁判所が定める金額の郵便切手を予納しなければならない。


破産法(はさんほう)は、倒産法制の基本となる日本の法律である。
第一章 総則
(目的)
第一条 この法律は、支払不能又は債務超過にある債務者の財産等の清算に関する手続を定めること等により、債権者その他の利害関係人の利害及び債務者と債権者との間の権利関係を適切に調整し、もって債務者の財産等の適正かつ公平な清算を図るとともに、債務者について経済生活の再生の機会の確保を図ることを目的とする。

消費者金融ブラック次へ ページトップへ


消費者金融ブラック



消費者金融ブラック をGoogle Bookmarks に追加